スマートトレードバイナリー徹底レビュー

スマートトレードバイナリーが本当に使えるバイナリー教材なのかをレビューしていきます。

スマートトレードバイナリー

スマートトレードバイナリーは何が違う?

スマートトレードバイナリーは今数多くでているバイナリーオプション教材の一つです。
はっきりいってもうバイナリーは見飽きたという人も多いかもしれません。
というのはホント似たり寄ったりのサインツールがたくさんでているからなんです。
このスマートトレードバイナリーも同じものと思ってる人もいるかもしれませんね。
ですが,このスマートレードバイナリーはサインツールではありません。
なんと裁量トレード教材なんですよね。
FXでは 最近でもFX彪ストロングトレードが登場して話題になっていますように、
FXでは割と裁量教材は多いんです。
ところがバイナリーオプションはあまりないので,このスマートトレードバイナリーは
かなり注目されていますね。

証券会社によるバイナリーオプション取引内容の違い

ブログネタ
バイナリーオプション に参加中!
バイナリーオプション(以下BO)は
「上がる」か「下がる」かを当てるだけ
ですので極めてシンプルなトレードです。
スマートトレードバイナリーはその手法の一つですね。
ただ証券会社によって決められた取引
ルールが異なりますのでそのいくつかを
ご紹介しましょう。

最もシンプルなのは「ハイ・ロウ」と
呼ばれるものでまさに「上がる」か
「下がる」かを当てるものです。
「途中の経過については一切関係ない」
ところが特徴と言えます。
このスマートトレードバイナリーが対象としている口座も
やはりこれをメインにしています。 
2つ目は一定の時間帯で指定したレートに
達するかどうかの判定(=「タッチ」
する、しない、と言います)で勝負が
決まる方法です。こちらの特徴は最終的な
レートは一切関係なく、あくまで所定の
時間内で指定されたレートに一度でも
「タッチ」すればいいわけですね。

3つ目は「レンジ」です。
FXで相場の判定で使われる用語ですが、
レンジ=一定の幅=BOX相場 の事です。
一定の所定の時間帯で「レンジ」を
キープできたかどうかが判定になります。
つまり時間内で「レンジ」を「ブレイク」
してしまった時点で負けとなる訳です。

3つのうち、どれを選択するかは契約した
証券会社の条件にもよりますし、
個人的な好みもありますから一概に
良し悪しは語れません。
スマートトレードバイナリーはハイアンドローがメインですが,
なれてくれば他の2つでも応用できます。 
「外国為替」でのBO取引を採用する
証券会社は今後も増えていくでしょう。
そしてサービス内容も変化していくと
予測されます。まずは現状の選択肢の
中からデモ口座でどのような取引で
あるのか、体感してみる事から
始めてみましょう。

バイナリーオプションって何?

ブログネタ
スマートトレードバイナリー に参加中!
スマートトレードバイナリーについて話す前に
「Binary Option=バイナリーオプション」とは
「文字通りの意味」としては
「ゼロかイチのどちらか」、「二者択一」
という意味です。

FXのバイナリーオプション取引では、
「現在の相場と将来のある決められた時点での
比較で、為替相場が上昇しているか、或いは
下降しているかを当てる」だけといういたって
シンプルな投資方法です。

通常のFXトレードでは、
「エントリー」、「決済」、「損切り」という
「3点セット」」で発注して初めて利益、損失が
確定しますがバイナリーオプションでは
「上がる」、「下がる」のどちらかを選択する
だけですのでFXに比べると極めて単純な判断で
済むと言えます。

確率で言えば引き分け=五分五分ですので、
50%を超える勝率がはじき出せる手法が
存在しさえすれば「右肩上がり」に利益を
積み増ししていける事になる訳ですね。
スマートトレードバイナリーはそれを遥かに上回る勝率です。
 
しかし相場はそう甘いものではありません。
いくら「上がる」か「下がる」かを当てる、
といっても「丁半バクチ」のようにやっていては
決して利益は上がっていきません。

「バイナリーオプション」と言えどもやはり
相場の「テクニカル分析」、
「ファンダメンタル判断」は必要になって
くるのです。ただバイナリーオプションの
場合はいわゆる「レバレッジ」は存在しません。

従って証券会社によっては100円からでも
トレードできるわけです。そして
「負けた場合の損失額」と「勝った場合の利益」
は初めから確定してますのでFXに比較すれば
リスクの低い取引が可能であるという事は
はっきりしています。
低いリスクで稼ぐためにも今有効な手段がこのスマートトレードバイナリーですね。 
アーカイブ
  • ライブドアブログ
レンタルサーバー